2018年02月12日

「アルマーニ標準服」から学んだ『服育』

中央区立泰明小学校の「アルマーニ標準服」が、物議を醸している。
(らしい…)

校長は、銀座の泰明小学校らしさというもののために導入する(らしい)
入学者のほとんどが採寸に着ているのならば
泰明小学校に入学希望していない外野がとやかく言うのもおかしいと思う。

ただ、『公立』なのに他の『公立』との区別が
どことなしに『公立』と矛盾している気がしてなんとなく不思議な感じがするが
もともと、標準服があったのであれば
これも今更言っても仕方がないないようなのかもしれない。
正直、遠い国の人間がとやかくいうことではない気がするが
「服育」なる不思議な言葉まで飛び出した議論がなんとなく好奇心を駆り立てられる

「服育」って何だ?
画一的な人間にするという意味なのか?

ちょっと前に、髪の毛などの規制している学校を評論家が批判していたときに
橋下元大阪府知事が、「荒れた学校では、自由を認めれば、現場がお手上げになる」と反論していたことを思い出した。そのとき確か『自由ってしんどいよ』ってコメントもあった気がする。

そういう意味では、泰明小学校は多くの人の目にさらされて
きらびやかな服を求められて(??? よく知らない銀座に対する妄想かもですが…)
『自由に服を選ぶ』しんどさから逃げてるのかもとも思う
(実は、銀座の小学では、制服にした方が安い??)
服に時間をかけずに他のことしろってのが『服育』なのか!!

なるほど!

確かに、服で子供たちがいじめれているのも見聞きする
『服を選ぶ自由からの解放』これが『服育』だ!!

妙に自己解決した気分だ!

そういえば、『麻布中学』など東京の有名中学ははあまり明確な制服はないって聞いた気がする(気がするだけかもだが…)
頭の能力に余裕が出たら、『自由』になればいい!
ってことだ…すごいな泰明小学校。
posted by ヨン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記