2018年05月31日

ALS患者の異常たんぱく質、除去方法を開発 滋賀医大

 体の筋肉が動きにくくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」について、患者の細胞にたまる異常なたんぱく質を除去する方法を開発したと、滋賀医大などのチームが31日、発表した。細胞や動物での実験段階だが、将来的には人での根治治療につながる可能性があるという。

 多くのALS患者の神経細胞には、特定のたんぱく質「TDP―43」が異常な状態で蓄積し、症状を引き起こす一因と考えられている。

 チームは、この異常なたんぱく質だけにくっつき、分解を促す新たな物質を開発。ALS患者と似た状態にしたヒトの細胞や、マウスの胎児で実験したところ、たんぱく質「TDP―43」の蓄積や細胞死を抑える効果があったという。

 今後は、サルなどの実験で、さらに安全性や有効性を検証していく予定。難病情報センターによると、ALSは国内に約9200人(2013年度)の患者がいるとされるが、治療法は確立していない。同大の漆谷真(うるしたにまこと)教授(神経内科)は「人の治験には10年ほどかかるが、結果次第ではもっと早くなるかもしれない。ALSの根治ができると信じている」と話す。

 今回開発した方法は、アルツハイマー病やパーキンソン病など、ほかの神経の病気にも応用できる可能性があるという。研究成果は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。(合田禄)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000064-asahi-soci

すごい…

滋賀医大の先生頑張ってください
早く臨床応用出来る日を楽しみにしています
posted by ヨン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳・神経

2018年05月27日

失敗や過ちを許さないのではなく、失敗をごまかして嘘をつくのが許せない

少し前まで、社会全体が少しの失敗も許せなく
人をたたくことが当たり前の息苦しい社会になってきたと感じていました

日大のアメフト部の若い青年の会見をみて
そうではないと勇気づけられました。

人は過ちを許すことができなくなったわけではなく
過ちを認めないこと
さらに嘘でごまかそうとしていることが許せないのだと思いました。

人間誰もが失敗があり
失敗のあら探しをするような社会になってきて息苦しいと思っていましたが
そうじゃないともう一度思えるようになった
若干20歳の若者の勇気ある行動は
社会に大いなる福音をもたらしていると思います

それに対して
日本のトップである安倍さんはどうでしょうか?
回りを汚い方法で塗り固め
証拠がないからとどう考えて嘘としか思えないようなことで
自分の嘘をさらに嘘で塗り固めている
誠実に「すみません」といえないものか

内田元監督も同じである

自分の内心にある意図とは別だったかもしれないが
彼に向けた言葉は事実であり
それを素直に謝れば良い
自分の意図がゆがんで伝わってしまう状態になってしまうほどの空気を作り出していた
今のやり方を率直に謝ればよかったのではないか

なにが何でも勝ちたいという気持ちが
いつの間にかスポーツマンシップをかけ離れていったと謝ったらよかったのではないか

おそらくではあるが
内田元監督はけがをさせた相手に個人的な恨みはまったくないはずだ

ただ、チームのために『勝つ』ために手っ取り早いことを考えただけなのだと思う
その率直な気持ちを
ごまかして
自分の保身をはかるように行動するから間違いなのだと思う

安倍さんが何を守りたいのか
僕程度ではわかりかねるが

もし、加計学園の理事長と話をしたが
別に便宜は図っていない

そう堂々としていればよかったのではないか
そう思えてならない

森友学園は本当に関わっていないと思う
役人の忖度以外のなにものでもないのだろうと思う

それなのに
いくつもの疑いが
見えないなにかがおそってくるのではないかと
まさに暗闇恐怖のように
いくつかの想像を促す

年を取れば取るほど
いろいろなことがあって
20歳の誠実な若者のようになれない自分もいるが
できる限り
彼のようになれればと思う

2018年05月23日

日大アメフトの元トップと日本のトップの行動って似てるな…

日大のトップの対応と日本のトップの行動が似ていると感じてしまったのは自分だけでしょうか。

日本のトップの方が狡猾に
問題をもみ消しているけど…

本質は同じように思えてしまう
posted by ヨン at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月04日

最近の報道って…どうして同じ話ばかりなのかな?

最近の報道番組をみてると
どこも同じようなことばかり…

どれも同じように
人の過ちを徹底的に責め立ててつぶそうとする
TOKIOの山口メンバーにしても
確かに未成年に強制わいせつを行ったことは悪いことだけれども
示談になって
謹慎になったのだから
社会がこんなに連日のように責め立てるようなことでもない気がするが…

正直、僕の生活にはどうでも良い内容…

この報道を見るたびに
加害者のみならず
被害者にも遠くから石を投げている人間に荷担しているようで
テレビのチャンネルを変えてしまう

個人を攻撃する内容が
どうしてこのような報道の中心になるのだろうか?

福田事務次官のセクハラ報道もそう
記者の方は被害を受けてかわいそうだけど
正直、僕の生活とは何も関係がない
ただ、福田事務次官の場合は、国家の機密情報を持っている人間だから
自信の欲望と国家機密を天秤にかけてしまう可能性があるのは
正直問題があるので、何らかの処分は当然だけど
それでも連日放送するようなことでもない
連日放送しているところをみていると
それこそ個人をただ攻撃しているいじめと何ら変わりがない

posted by ヨン at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記