2014年09月25日

女性の社会進出を促すのは配偶者控除の廃止じゃなくて拡大ではないか?

配偶者控除廃止にして、女性の社会進出を促そうとしている動きがまた活発になっているようです

女性の社会進出

『ワーキングマザーを含め、
 多くの女性が納得の行くキャリアを積めるよう、
 社会全体で働き方の見直しが必要』

など
まあなんとも耳障りのいい言葉が並びます

しかし、本当にそうでしょうか?


配偶者控除の廃止は
日本の女性を奴隷としてみている政府の気持ちの表れでしょう

今、パートで働いている人たち
103万円までで抑えていた人たちが
配偶者控除の廃止が決まれば
当然、税金が増えるので
今までのように手取りとして103万円を得るためには
150万ぐらいの収入をあげないといけないということになるはずです
つまり、50万円ほどただ働きしなさいということになるわけです

もちろん、今まで配偶者控除を受けられなかった160万円以上の年収入があった人たちは

『ざまーみろ』

っとほくそ笑む権利をえるでしょうが…


当然、今までよりも手取りの収入が減ってしまう女性達は
もっと働くようになるはずです

仮に103万円以上の手取りをえようとするためには控除分の50万円の収入を上げる必要があると考えるならば
時給1000円で500時間の労働が増えてやっと今と同じ収入です

つまり、今まで年間500時間、家族のために使えた時間が
国のための奉仕のために使えといっているわけでしょう
家庭での女性の役割が減って楽に変わっていくとは思えないのですが…

そう考えたら女性の奴隷化じゃないですか?

もちろん、女性に限った話じゃないので
あくまで配偶者ですが…

今の社会で、配偶者控除を廃止して女性の社会進出になるとは思えないです

それよりも103万円の壁を200万円ぐらいまで引き上げた方が良いんじゃないのかと思えて仕方がない
つまり『配偶者控除の拡大
今、パートで働いている人たちが
もう少しでも働いてくれるだけで
社会全体は力強くなっていく

仮に100万円収入がアップするとわかれば
時給1000円の人が年間1000時間ぐらい働く人も出てくるでしょう
さっきのようなむしり取ってくるような不快な印象もなくなってくる
それをすべて貯蓄する人は本当にごく少数…
となれば、お金がもっと社会で循環するようになってくる

『パート労働者は近年著しく増加し、平成21年には約1,431万人。
 雇用者総数(5,313万人)の約4分の1を占める。』

だそうです。

もう国がとれそうな所から税金をむしりとろうとする行動にはもう限界がきている
これからは循環ということをもう一度考え直せ!
posted by ヨン at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。

同感です。
結局は言葉巧みに、今までの制度を廃止して少しでも税収を上げようという魂胆ですよ。

子供のいない友人夫婦は自分達は高校生レベルで人として成長が止まったままだと自嘲しますが、やはり人間味や懐の深さなど、内面の成長は子供の有る無しでずいぶん違うと感じています。
阿部さんのやり口が薄っぺらいのはそう言うことも関係あるな〜と思います。

子育ての大変さ、専業主婦は保育園に係る補助金などの恩恵も受けず子育てしていますからね。

やっと成立させた制度を無下に廃止するのは国民に対する冒涜だと思います。
Posted by sato at 2014年10月14日 00:26
> satoさん

アベノミクスで特に恩恵はないのは仕方がないのですが
言葉巧みに得していない人をピックアップして恩恵を受けていた人を悪人のように扱っていくのはちょっと違和感を感じて記載しました

配偶者控除廃止も仕方がないという要素も理解できるですが、今の国会の動きからは到底納得できない詐欺行為に思えてならないです
Posted by ヨン at 2014年10月26日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103936818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック